思い感じるままに。
by mimmy_33
まるいもの、あるいは角があるものについて
やわらかいもの、美しいまるみのあるもの、が

鋭角でぴしっとしたものよりも、すきなのです。


ピアノは6年習っていたけれど、ソナチネの途中でやめたので
非常に中途半端にしか、弾けないわたし。
ほんとうは、幻想即興曲とか弾けるようになりたかったけれど、残念。

ギターもウクレレも中途半端にしか弾けないなぁ。
きっとわたしの「演奏への“情熱”と“根気”」が中途半端だったからだと思う。
いつも思うんだけど、わたしの演奏は、「どこかせっかち」で「ちょっと雑」。
早く「通しで弾きたい!」と焦るあまり、難しいところを後回しにして
いつまでも弾けないままっていうような。
しかも、根っからの練習嫌い・・・

某ピアニストと同じ名前を、わたしにつけた母。
ピアノはうまくなれなかったけれど、いまはいまで楽しいし、まあいいか。



フジ子・ヘミングのピアノを聴いた。
泣きそうになった。
なめらかで円みのある、うつくしいおと。
やわらかなひかりをまとっているかのように、やさしく響く。
こころのうしろがわが、ぎゅっとせつなくなった。




***
あんまり角だらけだと、あちこちにぶつかってしまう。
そういう過程を経て、角は「まる」に近付いていくのかしら?
そして、独創性のある「まる」は、案外少ない。
[PR]
by mimmy_33 | 2009-09-23 01:03
<< ひつじとオンナノコの あっというまに >>


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧