思い感じるままに。
by mimmy_33
53年振りの再会
12月23日、祖母永眠。

ちょうどその前日、仕事帰りにお見舞いに行ってきたばかり。
酸素マスクをしながら、ひと息ずつしっかりと呼吸する祖母。
「ああ、おばあちゃんはしっかりいまを生きているんだな」と実感。
ベクトルは死へと向かっていることは、理解してたけれど、
それでも生きようとする意思を、眠る祖母から感じたのです。

しばらく祖母の様子を見守ったあと
そうっと肩を撫でて病室を立ち去る。
とても薄くて、かぼそい肩。

次の日の夜、訃報を聞いて
ああ、おばあちゃんは生き終えたのだ、と思った。
その瞬間まで、しっかりと。
早くに夫(つまりわたしの祖父)に先立たれ
女手ひとつで三人の兄妹を育て上げた祖母。
苦労したのに愚痴もこぼさず
いつも笑顔で、誰にでも優しかった祖母。
かわいらしく、芯のある、すてきなひとでした。

葬儀・告別式は、祖母が生まれ育った鎌倉のとある場所で行いました。

とてもやすらかな表情をした祖母。
そのちいさくて形のよい額を
長年の友人、伯父・伯母・母が
いとおしそうに撫でながら泣いていました。
わたしも、一回そうっと撫でました。


火葬は逗子市で行うため、親族でバスに乗り移動。

目に映る、鎌倉駅界隈の景色。
ここは、私の母(祖母の末娘)が式を挙げた場所だね。
もうすこし進むと、由比ガ浜。
おばあちゃんが家族でよく一緒に遊んだ場所だね。
そのときおじいちゃんが撮った写真、わたしも見たよ。
なつかしいね。

おじいちゃんには、もう会えたかな?
53年振りだね。
これからも天国で、しあわせに過ごしてね。
いままで、たくさんの愛情を与えてくれて、ありがとう。
[PR]
by mimmy_33 | 2009-12-30 00:10
<< さよなら サヨナラ ことばにできないもの >>


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧