思い感じるままに。
by mimmy_33
無題
父からの電話。

ほんとうにあれが最後の会話になってしまったのだと、思った。
お通夜まで暫く間があるから
しばらく現世をさまよっておられるのだろうか。

晴れ晴れとした笑顔がよく似合うかただった。
豪快で、なんともやさしいかただった。

病室のからりとした雰囲気から
揺るぎない芯を、感じたんだ。

たぶん、悲嘆に暮れるほうが、うんと簡単だ。



地上でも、独特のアングルで瞬間をきりとってらしたから
空から俯瞰しての風景写真にも、挑戦されるのでしょうね。

うまく言葉に出来ないのですが
叔父夫婦のご縁から、巡り会えたことに感謝しています。
どうか、天国で幸せに過ごされますように。
[PR]
by mimmy_33 | 2011-03-06 22:44
<< 年をしっかと重ね続ける、そのと... ・・・ >>


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧