思い感じるままに。
by mimmy_33
<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
六本木アートナイト
タルちゃんのツイートで知った「六本木アートナイト」
思い立って、でかけてきました。

想像以上に、たのしかった!

***

桜、さくら、サクラ

e0153271_23511070.jpg


夜桜は妖艶

e0153271_23522616.jpg


道もひかりでいろどられてた。いろ、いろいろ。

e0153271_2353177.jpg


シャボン玉発生。

e0153271_23543917.jpg


闇にきらめいてはぱちんとはじけて消える。



***



いろんな、光と影も発見!

e0153271_23513293.jpg


e0153271_23564762.jpg


e0153271_23571015.jpg


e0153271_0205096.jpg


おもしろいものも。

e0153271_2358079.jpg


e0153271_23582724.jpg


ふしぎなパフォーマンスも。

e0153271_010426.jpg



***


クリストとジャンヌ=クロード展もすばらしかった。

e0153271_042095.jpg


包むという行為。

神秘とときめきと、あたらしい輪郭の発見。
発想の転換。包むという行為のユーモア、あたたかさ。

ドレープや紐の軌跡のうつくしさ。
下絵のスケッチの包む部分も立体的で、(実際に布やひもを使って、盛り上がっている)
それ自体が既に作品。とてもすてき。
完成後のデッサンは、一切書かず
全て想像の段階で書いていた、と知りびっくり。

「短命」という、美しさと潔さ。
遊牧民のようなイメージと、語っていたお二人。
消えることを「美」と捉える、感性の逞しさ。
「消えないで」と願う、じぶんのよわさを思った。

なぜ包むのか?
その思想のみなもとが、とてもとても気になった。
包むことで、なにをあらわにしたのかしら?と。

「なにかを隠そう」としているようには、感じなかった。
そういううしろぐらいものではなく、積極的に「包み、ほどいて」いたような。
「気付きと転換」「たぐいまれな潔さ」はとても強く感じた。
ことばが感動においつかなくて、試すように書いたことばが
居心地悪そうに「浮きあがってばかり」いて、非常にもどかしいのだけれど。
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-28 02:58
喫茶darchaにまつわる、エトセトラ
e0153271_1122141.jpg


吉祥寺駅から、すこおし離れた場所の
マンション一室にある、隠れ家カフェ。

e0153271_1294230.jpg


e0153271_2102196.jpg


喫茶darcha
おしゃれさと、きどらなさのバランスが絶妙。
だから、なんだかほっとする。

e0153271_156859.jpg


e0153271_1524548.jpg


e0153271_1562249.jpg



本や写真集やマンガもおいてあって
それら片手に、のんびりとくつろげる空間。
ゆるくながれるBGMも、ここちよい。

e0153271_1303326.jpg


お手ごろな値段で、おいしいごはん。

e0153271_1531218.jpg


手作りスイーツも、またまたおいしい!

e0153271_1533189.jpg


はちみつうずまき、ハニーラテ♪

e0153271_213444.jpg



***

人生初取材!したお店なので、いろんな思い出もあったりして。
フォトニカでフリーペーパー的冊子をつくったとき
キュータさんの指名により、当時あまり話したこと無かったタルちゃんと
「タルミミさんぽ」なるコーナーを担当することになったのが、いろんなはじまり。

吉祥寺さんぽ企画→取材するお店決め→シャシンとり、だめだしされつつ試行錯誤

という経緯(&キュータさんの多大なる尽力)を経て、タルミミさんぽの記事は完成!
次は浅草!のはずだったんだけれど、諸事情あり、2年ほど経過・・・
でも、かならず続きはつくるつもりなんだ。
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-28 01:57
匙屋
先日、国立にある「匙屋」さんに、行って来ました。
注文していたお匙ができあがったのです。

e0153271_23341973.jpg


にっこりと迎えてくださるさかいさんの、あたたかな笑顔。
穏やかな語り口と、やわらかな心遣い。
なんだかほっとした気分に。

e0153271_23303299.jpg


出来上がったお匙をみせてもらう。
素朴であたたかみのあるやさしいかたち。手に持つとすうっとなじむ。
「はじめまして」というより「ひさしぶり」に近い感覚。

e0153271_23371738.jpg


e0153271_23444632.jpg


e0153271_2347739.jpg




とても心地よくて、いつまでもくつろぎたくなってしまいますね、と言ったら
「そうですね。だから自分だけじゃ勿体無いと思って。ここに本でも持ってきて、
のんびりしてもらって構わないんですよ」と、さかいさんはゆったりと微笑んだ。

e0153271_2339822.jpg


******

時間がゆっくりとながれる、居心地の良いお店です。
いついつまでも大切に使っていける、お匙やすてきなものたちにめぐりあえるところ。
よかったら、ぜひ!

******

匙屋

匙屋 東京都国立市中1-1-14松葉荘1階
tel/fax 042-577-5075 
mail sajiya4@yahoo.co.jp
定休日:月曜 火曜 水曜
開 店:12:00〜18:00
*展示会出展などの都合上、臨時休業している時も
ありますので、遠方からのお越しの際は事前にご確認下さい。
http://sajiya.exblog.jp/i6/
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-22 23:51
calm
それはすてたはずのものだった。
でも気がついたらてのひらのなかにあった。

ほんとうに、よかった。
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-20 23:22
ねがわくば
できることなら、「あいだ」がほしい。

たとえば、なにかことを成すまえに、試行錯誤する時間。
ちょっと小休止して、あらたな視点をさがしてみる時間。
雑談で、くすりとする時間。

これが長すぎると、進めないのだけれど。。
健全にがんばろうとするとき、こういうのがあると心強いんだよなぁ。
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-18 23:21
ふわふわそわわ
蕾はすこしずつ開花。
変化は思いがけないところまでひろがる。
公私ともに、かしらん。

ようやくやりたいことが出来る、かな?
いりまじる安堵と喜びと焦燥。
[PR]
by mimmy_33 | 2010-03-18 00:56


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧