思い感じるままに。
by mimmy_33
枇杷
むかし住んでたちいさな戸建て。坂道だらけの田舎町。
裏に建つ家の枇杷が、ちょうど我が家の庭の高さでたわわに実っていたから
たくさんの枇杷をもいでは、届けたり貰ったりしていた。

大きな種ともそっとした食感に戸惑いつつも、
甘い香りとやさしい色合いに包まれて
わたしは満足していた気がする。


いま、枇杷食べたい。
[PR]
# by mimmy_33 | 2011-10-04 00:44
あめ
e0153271_222174.jpg


e0153271_2225079.jpg


e0153271_223331.jpg


e0153271_22488.jpg


e0153271_225655.jpg


e0153271_2253273.jpg


e0153271_2261168.jpg


とびきりの純粋
[PR]
# by mimmy_33 | 2011-06-20 22:07
雨のおさんぽ
e0153271_21553993.jpg


赤い、みずたまがよく似合うんだ。

e0153271_21525976.jpg


e0153271_21532076.jpg


e0153271_21535049.jpg


e0153271_21522983.jpg


エレガントガール。
[PR]
# by mimmy_33 | 2011-06-20 21:55
秘密基地
思い出、いっぱい

ありがとう ダーチャ


e0153271_0423115.jpg

[PR]
# by mimmy_33 | 2011-04-18 00:45
年をしっかと重ね続ける、そのときが来るまでは。
親戚のお通夜で、ぼろぼろと泣いた。
ただただ、悲しかった。
斎場に飾られた、沢山の写真は、どれも堂々と、優しい。
すべてのアルバムを、じっくり眺める。
写真はほんとうに、そのひとをもくっきりと映す。

父より一つ若いのに、なあ。
もっと色んなことお話したかったなあ。

思いが像を結ばないまま、一晩寝たら、誕生日。

わたしは年を重ねることが出来たのね、って思った。
あと何回こんなふうに誕生日を迎えられるのかな?とも。
祝ってくれるひとが居る、しあわせをゆっくりと、かみしめる。


翌日、大きな地震がやってきた。
ひとのちからが及ばない、脅威。


たくさんの失われた命と
今も厳しい環境で被災生活を過ごしている方々を思うと言葉が出ない。
映像を見ただけで、わかった気なんかになれない。
余震におびえたって、そうだ。
わたしが知らない、未曾有の揺れと悲しみ。

日常の形も変化した。
大きな被害こそなかった、東京でも。

しばらくは交錯する情報や予期せぬ事態に高揚していたけれど、
遅れた疲れがどかんと押し寄せ年度末の慌しさに巻き込まれているうちに、もう31日。

自分の無知さも、くっきり。

放射能と安全って?
クリーンエネルギーに変えることは現実的にどこまで可能?
(政治的なしがらみを越えてくれー)
報道や情報の精度は、どこで判断?

信憑性が高いと思われる情報を、自分の判断で信じるくらいが精一杯。
ちょっと学んで習得できる分野じゃないもの。

***

できることを、続ける。
プレートに、子守唄。
ひとと、かよいあい、いきる。
[PR]
# by mimmy_33 | 2011-03-20 01:22


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧